ページトップへ

運航の確保と環境保全に関する方針

1.基本方針
 海上における船舶の安全を第一に優先し、人命の損失及び疾病の予防、
 海洋環境保全及び財産の損害回避を確保することを当社の基本方針とする。

2.行動方針
 ◎ 船舶運航における安全な業務体制及び安全な作業環境の確保
 ◎ 予想される危険に対する対策の確保
 ◎ 運航管理者は、安全運航及び海洋環境保全に関する緊急事態防止のため、
   必要な情報収集に勤め、船長と緊密なる連絡を取り、運航計画を立て船長の職務と
   権限を尊重する。

3.船舶の安全と環境に関する法令、規則とその精神を遵守する。

4.社長方針
 船舶の安全運航と環境保全に関する業務に従事する全ての者、乗務員に対し、
 この「安全運航の確保と環境保全に関する方針」を遵守し、業務を遂行する事を
 要請すると共に、船長に対し、必要な助言或いは指示を与え、且つ船長に対して
 陸上から必要な支援が確実に提供されるようにする。

丸三海運株式会社 代表取締役 荒川和音

運航の確保と環境保全に関する方針(PDF)のプリントアウトはこちらから


会社の安全基本方針

月別 重点活動項目
平成28年9月・10月 ・安全標識・管系の表示等、設備の点検整備(各担当者記録簿整備確認)
・船員労働安全衛生月間(衛生医薬品の整備点検、船内環境、居室、食堂、調理室、トイレ、風呂等の点検整備)
・乗組員の健康診断(年1回以上指定医院・病院で受診)
・飲料水の検査(年1回公的機関の水質検査)
11月・12月 ・発航前航路の気象情報の把握と荒天・安全対策の実施
・消防・救命設備の点検整備と取扱い方法の周知徹底
・年末年始船舶設備の総点検実施及び法定書類の整理整頓
・インフルエンザの予防対策の実施  手洗い、うがいの励行、マスクの着用等
平成29年1月・2月 ・船艙内積付けと甲板積みラッシング状態の点検・確認
・着桟時の安全操船実施と前後進テストの励行
(バウスラスターエンジンの暖気運転・バッテリーの充電確認)
・係船索のプロペラ巻込み及び機器への巻込み防止確認
3月・4月 ・視界不良時の安全航海の徹底 3Hの法則遵守(早めに、ハッキリ、離して)
・見張りの強化、安全な速力での航行、又は停止
・船位の確認と他船動静の的確な把握で、確実な避航で安全確保
・レーダー情報の活用    ・状況に応じた信号吹鳴の励行
・生活習慣病予防対策 ⇒高血圧、高脂血症、喫煙は三大危険因子、食生活改善、肥満の改善、早期の治療
5月・6月 ・雨期対策の実施(積荷の水濡れ、滑り止め防止対策等)
・視界不良時の安全航海の徹底、霧中信号の励行、安全な速力での航行、見張りの強化、レーダー情報の活用
・食中毒防止対策、手洗い、調理器具の清潔保持、ノロウィルス対策(加熱調理)
7月・8月 ・台風対策  気象情報の早期入手・把握・判断で適切な安全対策
・海洋汚染防止(補油作業前安全確認と補油時の漏油防止対策、船舶発生廃棄物処理、廃油処理対策)
・ボートダビッド、交通艇の機関点検整備
・熱中症予防対策 こまめに水分・塩分の摂取、運動などで体力保持

Copyright © 2016 MarusanKaiun CO.,LTD All Right Reserved.